相続税の調査の状況について

国税庁は「平成26事務年度における相続税の調査の状況について」を11月に公表しました。

今年6月までの1年間に実地調査の件数は12,406件で前年(11,909件)に比べ104.2%となっています。

このうち申告漏れのあった件数は10,151件(前年9,809件)で、申告漏れ等が発覚した割合は81.8%(前年82.4%)でした。

申告漏れとなった課税価格は3,296億円(前年3,087億円)で、実地調査1件当たりでは2,657万円(前年2,592万円)となっています。

申告漏れ相続財産の金額の内訳としては、現金・預貯金等1,158億円が最も多く、続いて有価証券490億円、土地414億円の順でした。

加算税を含む追徴税額は670億円で、実地調査1件当たりでは540万円(平成25事務年度452万円)となっています。

相続税に関しては税制改正があり、基礎控除額がこれまでより少なくなった結果、今後申告が必要となるケースが増えてきます。
これまでとは異なる手続きが必要となる場合がありますので、何かご不明な点ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

参考:国税庁HP

監修:税理士法人武内総合会計


どんたく会計 無料相談・お問合せはこちら。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ
0120-920-340
メールでのお問合せ
お問合せメールフォームはこちら
  • お問い合せはこちら
  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
どんたくだより
どんたく会計
〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8-20
TEL:092-791-3334
FAX:092-781-0253
  • よかよかブログのどんたく会計ブログ
  • 武内総合会計 相続専門サイト