会計ソフトをもっと効率的に – 小口現金管理にはエクセルを活用

会計ソフトを使っているが、
小口現金は手書きで管理しているという方は
多数いらっしゃるのではないでしょうか。

もしくは、エクセル等のソフトで管理しているが、
会計ソフトには直接手打ちで・・・
なんてことはありませんか?

実は、多くの会計ソフトは、
エクセルから取り込むことができる場合がほとんどです。


基本の方法 CSV形式でインポート

基本は、会計ソフトの指定するCSV形式でファイルを作成すれば、
インポートすることができます。
多くの場合は、
会計ソフトからエクスポートした形式を
そのままエクセルで編集し、
CSV保存すると、インポートできます。
もし、「エラーが発生する」といった場合には、
余計なスペースが入っていないか、
不足している入力項目はないか、確認しましょう。


会計ソフト提供のフォーマットを利用する方法

例えば、㈱マネーフォワードの提供する「MFクラウド会計」であれば、
「現金出納帳」のフォーマットが用意されています。
エクセルを使い慣れていない人でもわかりやすいので、
「エラーが発生して取り込めない」などのトラブルが少ない
というメリットもあります。


 

いかがでしょうか。

いずれにしても、経理での効率化には、エクセルが活躍します。
もし個人事業主で、まだエクセルにお金をかけることが難しい
といった場合には、
Office Online というクラウド型の無料アプリもあります。
もちろん、閲覧権限(共有範囲)の設定も可能です。

経理の時間を削減し、
本来のお仕事のために時間を確保するためには
効率化はとても重要ですよね。
こちらの記事が、その助けになれば幸いです。

 


どんたく会計 無料相談・お問合せはこちら。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ
0120-920-340
メールでのお問合せ
お問合せメールフォームはこちら
  • お問い合せはこちら
  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
どんたくだより
どんたく会計
〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8-20
TEL:092-791-3334
FAX:092-781-0253
採用情報
  • よかよかブログのどんたく会計ブログ
  • 武内総合会計 相続専門サイト