事業計画書の必要性

本日は、開業をお考えの方からさらなる事業拡大を図る方まで、
多くの方が活用する事業計画書についてです。

活用する場面は多いですが、実際に作成された経験のある方は少ないかと思います。
作成しようと思っても難しそうな印象があり、なかなか作成するまで至らない方が多いようです。
他にも、「何を書いたら良いかわからない」や「作成する時間がない」など理由は様々です。

事業計画書の作成経験がある人はわずか

インターネットで事業計画書について検索すると
「うまく書くコツ」や「簡単に作成する方法」、「記載例」を載せいているサイトは多数存在します。
しかし、そのような環境でも事業計画書を作成された経験のある方はわずかです。

完成は大変だが、活用場面は様々

このように「完成するまで大変である」とイメージのある事業計画書ですが、
一度きちんと作成すれば様々な場面で活用できます。

特に多い活用事例としては、創業資金を目的とした融資を受けるときです。
事業計画書を基に金融機関等の担当者へアピールすることで、
事業の内容や返済予定の見通しも伝わり、融資を受けやすくなります。

開業して間もない方も中期事業計画書(3~5年程の経営計画)を作成すると
経営目標が明確になり、目標を達成するにあたっての問題点やその解決方法が見つかります。

既に事業が軌道にのっている方の活用方法としては、
設備投資をする際に「中小企業経営強化税制」の認定を受けることです。
取得した資産について即時償却または税額控除の適用を受ける事ができたり、固定資産税が軽減されたりします。
認定を受ける為には、一定の要件を満たす必要があり、その際に事業計画書も必要となります。

また、万が一経営が悪化した際の損失見込みを見える化できていれば、
それに備えた準備が前もってできます。

ゼロから事業計画書を全て作成するのは時間も労力も使い大変なことですが
一度作成してしまえば様々な場面で活用できます。
そのままのフォーマットでは使用できなくとも軽微な修正で活用する事ができます。

簡単に事業計画書を作成「やさしい事業計画書」

このように様々な場面で活用できる事業計画書ですが、必要性は感じつつもなかなか作成が進まないものです。

どんたく会計のサービスの1つに「やさしい事業計画書」があります。
質問に答えていくだけで、金融機関や第三者が知りたい内容を網羅する事業計画書を作成でき、どんな方でも簡単に事業計画書が書けるフォーマットとなっております。

お問合せフォームより資料請求された方へ
お送りさせていただいていますので、
是非この機会にお問合せくださいませ!

さらには、「事業計画書 書き方セミナー」も開催しています!
こちらは作成された事業計画書の見直しや不明点の解決につながりますので、こちらも是非ご参加してみてはいかがでしょうか。

>>創業計画書書き方セミナー 2016年6月15日開催
■電話での問合せ
0120-920-340
092-791-3334
■メールでの問合せ
http://dontaku.jp/contact


どんたく会計 無料相談・お問合せはこちら。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ
0120-920-340
メールでのお問合せ
お問合せメールフォームはこちら
  • お問い合せはこちら
  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
どんたくだより
どんたく会計
〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8-20
TEL:092-791-3334
FAX:092-781-0253
採用情報
  • よかよかブログのどんたく会計ブログ
  • 税理士法人武内総合会計
  • 武内総合会計 相続専門サイト
  • TSSコンサルティング株式会社
  • 武内マネジメントオフィス
  • せごどん会計(鹿児島)
  • ひむか会計(宮﨑)